性病検査の前に性感染症を知りましょう

性病検査の前に性感染症を知りましょう

性感染症、性行為感染症について皆様、どれほどの知識をお持ちでしょうか。自分は遊んでいないからならないというような感覚の方は即刻認識を改めましょう。性器ヘルペスや膣カンジダなどは身体の調子が良くない時や月経中に症状が出ることがあります。現実に膣カンジダは女性の30パーセントは罹患している可能性があるそうです。性病検査キットで自宅で検査できます。病院は内診があっていやという方もいるでしょうから。本当は不妊症や流産、子宮外妊娠のリスクがあるので、受診した方がいいのですが、時間的な制約がある場合もあるので、まずは性病検査キットを使ってみましょう。産婦人科などではあまり若い方が行きますと、まだ若いのに妊娠したのという視線がくることがあります。
また、俗に言うセーファーセックス、避妊具等で性感染症を防止できるという考えもあります。それは事実です。ですが、2枚使えば効果があがると思っているひともいます。摩擦でやぶれますので逆効果です。後は途中で体液がこぼれることがあります。失敗したなと思ったら、性病検査キットを取り寄せましょう。若年者であって子供を育てられない場合や、同意なしの性交の場合は病院にすぐ行ってください。48時間以内に飲むアフターモーニングピルの処方をしてもらえます。夫婦間でも結婚前に不妊につながる病気の性病検査キットを取り寄せると、安心して赤ちゃんを迎える準備ができます。後であの時こうしたら良かったのにと思うのでは遅いのです。

性感染症とはどういう病気か

性病検査キット、こういうと何となく性的奔放になる人のための検査キットという印象があるようです。この性病と言うのは、古い言い方で現在は性感染症と言います。梅毒、淋病、尖圭コンジローマ、性器クラミジア、性器ヘルペス、HIV、場合によっては肝炎などもメジャーな病気となっています。
性病検査キットの項目には多くの場合入っていませんが、疥癬、ケジラミも性行為によって媒介されることがあります。疥癬はまあ、水虫です。日本人の5人に1人は菌を持っているそうです。局所に出ることがあります。ヘルペスも口唇ヘルペスといって別の場所に出ることもあります。
性病検査キットで検査できる性感染症の大半は日和見菌もしくは感染力が低い菌が起こすものです。日和見菌は免疫力が低くなると暴れる菌ですね。空気感染はせずに性行為でうつる可能性がある病気の事です。他の行為でもうつります。例えば、歯ブラシをうっかり間違えて使ってしまう。感染者の血液がついていますと場合によってはうつることがあります。自分の口腔内に傷がついていることがあるためです。肝炎やHIVはそれでうつってしまうこともあります。ただ、性行為は体液や血液に触れることが多いので、うつりやすいということで性感染症と呼ばれます。早期に発見すれば命や妊娠能力の低下、男性不妊、何回も繰り返すということが無いので性病検査キットを活用しましょう。

カテゴリー目次

関連ページ

性病検査キットってそもそも何?
性病検査は病院や保健所で受けることが出来ますが、性病検査キットはどうなのでしょう?よくわからないものを進んで使う人なんていませんよね。ということで性病検査キットのことを知りましょう。
性病検査キットの入手方法
楽天やアマゾンでも売られている性病検査キットですが、実はちょっと高めなんです。賢く性病検査をするならお金・時間を無駄にしないことが大切です。