性病検査を受ける前に

性病検査を受ける前に悩んだら

性病検査キットを使って早期発見をしてほしい。性行為によって自分が負った傷を他の人はもたないでほしいという願いを持っている人達がいます。性的少数者の知人たちです。私も性行為を受け付けない非性愛者です。性感染症は関係ないと言われそうですが、性暴力に合いやすいのです。男性の場合は無理やり風俗に連れて行かれてそこで罹患することもあります。
性感染症の早期発見を性病検査キットですることの意義は、HIVなど、死に至る病気の予防、不妊症の回避等身体的なこと以外にも意味があります。差別や次の被害から身を守るということです。性感染症は恥ずかしい、性行為を何回もする人がなる病気という認識があって、差別の対象になることがあります。自分は性感染症かもしれないと思ってずっと我慢して不妊などになると、今度は子供が産めないということで軋轢が生じます。

 

手遅れになる前に性病検査キットを使ってみませんか?

性病検査キットを使って検査を受ける方は、同時に今までの性行動を振り返ってください。そして、誰か相談できる相手を探しましょう。他の人が作り出した性への価値観が性感染症や性暴力につながることもあります。未遂ながら暴力の被害を受けたのですがブログ上の仲間たちや現実の知人が回復を支えてくれています。こちらもその声を支援団体や古くからの付き合いの主治医に話し、現状を情報提供しています。性病検査キットで陽性が出ても、早期であり、理解があれば通常の生活を送りながら治療ができます。差別という二つ目の被害が出る前に手を打つため性病検査キットはいいきっかけなのです。

関連ページ

性感染症と誤解
性病には多くの間違った知識があります。コンドームをつければ性病は感染しない、などはその最たる例です。性病検査の前にそれらの誤った知識をなくしましょう。
パートナーも一緒に性病検査キットを使うべき理由
パートナーがいる人は必ず一緒に検査を受けるようにしましょう。なぜならアナタだけが検査を受けてもパートナーに感染していた場合、ピンポン感染によって結局あなたにも感染する可能性が高まるからです。
日本以外の国と性感染症
自宅で性病を検査できるキットお存在は忙しい現代人にとっては朗報と言えるでしょう。ですが、肝心のキットも性病に対する正しい知識が無ければ正確には使えません。ということで性病検査キットを使う前に確認すべき点があります。